鉄子、最初の異変(2015.1月)

鉄子のガン闘病記 1

こんばんは。
色々な事情でコメントのお返事が書けないままですみません。
これから少しずつ鉄子の記録を
ここに書いていきます。
当時、書かなかったことなどです。
少し暗い日記になりますので
辛い方は飛ばしてください。
コメントも申し訳ありませんが
お返事書けないと思うので
ほんとに気にしないでくださいね。

私の気持ちをまとめていくこと
鉄子のブログを少しずつ締めくくっていくことは
私の今の不安状態(ペットロスとも言う)を癒していくと
信じています。

そして、もう鉄子はあの日、息を引き取ったということを
いまだにわかってないんじゃないかと思われる自分に
はっきりと自覚させるために書いていきます。

時々日々のことなど、つれづれに書きながら
ゆっくりいきますね。

今までの鉄子の写真もたくさん載せて行きたいと思います。

————————————-

2015年1月
鉄子のあごのしこりに気づいたのは主人でした。
いつも鉄子は主人に抱っこをせがんで
膝に飛び乗っては体を長い時間なでてもらっていました。
私のほうを得意そうに見ながら。

236

235

そして
それは2015年分の鉄子カレンダーを全部仕上げて
宛名書きをしていたときのことでした。

 

238

「なにか右あごにちいさくて丸いものがある」と
主人が言うのです。
「がんじゃないか」とも言いました。
私は血の気が引きました。
「うそ!」と言いながら
触ると確かに数ミリの丸い感じのものがありました。

私はそのときまで全く気がつきませんでした。
毎日鉄子の写真を撮っていたけど
何の変化もない顔だった。
大きい口を開けた写真にも何も写っていませんでした。

その翌日病院に行きました。
2015、1月21日のことでした。

行く前に主人が
「たとえ、ガンであっても手術はもうしない」と言いました。
私もそれは同じ気持ちでした。

鉄子は私の不安症から今までちょっとでも体重が落ちたとか
ご飯食べないとか下痢とか・・・
主人には大げさだ、大丈夫だろうと言われながらも
病院行っては
いろんな検査してました。
アジソン病の検査もしたことがあります。
その経過で
2010年5月に心雑音があり検査の結果
僧帽弁及び三尖弁閉鎖不全症が見つかって
ずっとエナカルドを飲んでいました。
その心臓病に関しては毎年1回、半日入院の検査もしていて
毎年、少しずつの進行はありました。
佐賀に越すとき飛行機に乗せることを相談したとき
獣医は「今回を最後にしてください」と言われました。

14歳という高齢にくわえ、こんな心臓だったので
全身麻酔は危険であるとわかっていました。

しこりを見つけた翌日の
診察で内臓のエコー、そして全身レントゲン。その際に
特にそのしこりの部分のレントゲンを撮ってもらいました。

胸には影なし。(もしも首のものがガンで進行してれば胸に転移があるかもということで
私が希望して撮ってもらった)
しこりのある部分の歯の根元が黒くなっているが
あごの骨としこりの間にモヤモヤしたものはない。
その部分の組織を取る検査には麻酔が必要。
先生の見解も麻酔は危険であるから避けたいとのことでした。

そのときのレントゲンでは
先生は歯の根が化膿していて
化骨形成を起こしているのではないかという見解でした。
鉄子がこのとき口を大きく開けていたのですが
その部分には異常は見られず、
歯の根っこの炎症を抑える治療を始めました。
でも、私は気持ちの奥では不安を感じていました。

そのときに先生は
もしもあごのガンであれば
顎ごとごっそり切除する方法がある、
しかし、大きい病院に行く必要がある。
そしてそういう手術をすると
鉄子のような小さい子はかなり回復に時間がかかる。
しかし、麻酔が無理であるので
たとえガンであってもその手術は危険すぎる
抗がん剤、放射線治療もあるが副作用に耐えられないかもしれないと
「がんであればこういう治療法です」のような
話も一応してくださいました。

240

出来上がったカレンダーを前に。

この後、鉄子と一緒に郵便局に出しに行きました。

241

しもむら農園のいちご、美味しかったね。

242

さぶろーが買ってくれた赤い花のチャームが壊れて

オレンジのものに切り替えるときの写真。

243

お花の冠をかぶって。

244
シャンプー前の鉄子。お風呂が大好きだったね。
これらの写真は病院に行った前後数日のものです。

 

あごのしこりを見つけた当時
鉄子はまったく何も変わらず
元気でご飯もいっぱい食べて
走り回って
私のブログのモデルさんをして
おやつをもらって、ニコニコと
楽しい日々を普通に送っていました。

これからの鉄子との日々を
毎日を大事にしようと決意した日でした。

—–ランキング参加中。よろしくお願いします——-
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
カテゴリー: 鉄子のガン闘病記 パーマリンク

鉄子、最初の異変(2015.1月) への12件のフィードバック

  1. jimmy jimmy さん のコメント:

    こんばんわ◇

    ペットロス症候群には個人差はあるものの、可愛い我が子を亡くした経験のある人は陥ってしまいます。私もそのひとりです。
    仕事をしてたので気が紛れる時間もありましたが、それでも仕事しながら涙が溢れたり、通勤電車の中は辛かった…

    愛子さんがこうしてブログに記す事で心が癒されるなら、鉄子ちゃんもきっと喜んでくれるでしょう。
    「おかあさーん、鉄子のこと最後までちゃんと書いてね」って応援してくれますよ。
    無理せず愛子さんのペースで進めて下さいね。私達はただただ見守りますから。
    レスも気にせずいて下さい。

  2. かいまめ さん のコメント:

    「鉄子のガン闘病記」  ああ、いよいよ始まってしまったな、というのが率直な思いです。
    少し心臓がばくばくします。
    今年7月31日に亡くしたアビシニアンのことが脳裏に浮かびます。
    愛子さん、振り返って書くのはお辛い作業でしょう。
    どうぞ思いのまま、ゆっくりと。

  3. yukarin11 さん のコメント:

    愛子さん
    おはようございます。

    愛子さんが闘病記を書くと決心されたのなら
    それを読むことが「使命」(笑)と思います。
    辛くなったら休んで、ゆるゆると綴ってください。

  4. みぃむぅ さん のコメント:

    愛子さん、いつもいつも応援致しております。

    どうかご無理をされず、ごゆっくり愛子さんの
    お気持ちのままに綴られて下さいね‼
    いつもかわいい笑顔の鉄ちゃん、大好きよ‼

  5. ままりん さん のコメント:

    こんにちは。

    無理なさらずにぼちぼちと書いて下さいませ。
    鉄子ちゃんの闘病記、心して読ませて頂きますね。

  6. りりこ さん のコメント:

    なんてコメントしたら良いか、
    辛いですね。
    でも文字にしたら心も落ち着くのかなあ、と
    思います。
    凛は夜中に具合が悪くなり
    翌日亡くなったので、看護した日は無く
    そういう点では 立場は逆なのかもしれません。
    無理せず書いて下さいね。鉄ちゃんは側で見守ってくれてます。

  7. すーさん すーさん さん のコメント:

    あいこさんこんにちは(^^)
    カレンダーの束を前に、得意げな鉄子ちゃん。
    その中のひとつが我が家にもあることがとてもうれしいです。
    こころの整理も、大切な最期の日々の記録ですね。

  8. もんち もんち さん のコメント: もんちさんについてもっと知る

    鉄ちゃんの闘病記を書かれる覚悟、
    応援しますよ。
    これだけ正確に鮮明に記憶されてる
    鉄ちゃん、本当に幸せだね。

    愛子さん、頑張って綴ってくださいね♪

  9. パピ+ヨン パピ+ヨン さん のコメント: パピ+ヨンさんについてもっと知る

    イチゴ食べてる鉄子ちゃん 可愛いな♪
    どうして、こんなに好きなんだろう?
    あはは 可愛いからだょ♪
    鉄子ちゃんの犬生は、全て受け入れる覚悟できてる
    愛子さん 辛くなったら、やすんで
    気の向くままでね

  10. ハリーママ ハリーママ さん のコメント:

    本当、最初は小さなものなんですよね。
    ハリーも癌になっていなければなぁって、今も思います。
    15歳で元気な仔達の姿にハリーを重ねています。
    愛子さん、まだまだ辛いでしょう。
    無理をなさらず、ゆっくりと書いてくださいね。

  11. くるママ さん のコメント:

    愛子さん、こんばんは。

    鉄ちゃんの病気はくるみと似てるので、ちょっと胸が締め付けられます。
    うちの場合はもうほんとに後悔するばかりなんですが・・。

    愛子さん、あせらなくていいと思いますよ。
    時の流れが、少しずつ元気をくれますよ。

  12. tarokichi さん のコメント:

    複雑な気持ちを抱えてカレンダーを発送してくれたんですね
    何も知らず私は、カレンダーを手にして喜んでいたんです
    そんな時にも幸せを運んでくれてありがとう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

写真も投稿してね!