鉄子の絵とハロウィン

パピ+ヨンさんが鉄子の絵を描いてくださいました。

ちび鉄子が着てるお洋服です。

700

この写真の時の鉄子です。

うれしそうなお顔の表情がとっても可愛く描いてあります。

見た時「お!鉄!今日もニコニコだね!」って言ってしまいました。

703

 

もう1枚描いてくださった絵はチョークアートです。

羊の鉄子。

702

この2013年5月カレンダーの鉄子です。

706

羊の洋服の鉄子は

いつもとってもかわいかったです。

705

そして!

鉄子の1周忌にパピ+ヨンさんが作ってくださった羊毛鉄子を

ハロウィンにしてみました!

この作品は周りの飾りが自分で変えられるので

とっても楽しいのです。

 

100円ショップでちょこっと買ってきたものですが

とーっても可愛いハロウィン鉄子になったと思います!

707

ここから下の写真は

1周忌の時に撮った写真です。

イエローバーション257

そして、緑の中の鉄子。

260

ミミエデンの薔薇と。

259

そして、ブルーも似合っていた鉄子なのでこんなのも。

258

隠れちゃってますが

ちゃんとあんよとはたき尻尾もあります!

そして、胸のチャームは鉄子が生きてた時に

予備に買ったチャームなんだけど

少し作りが雑な感じで、

鉄子の首につけるのはためらわれて使わなかったものを

パピ+ヨンさんに送って胸につけてもらいました。

265

次はクリスマスかなー

可愛く飾ってあげるね!

しかし、1年がたつのは早いですね。

あっというまにクリスマス。

そしてまた次の年がやってきて

変わる季節の度に

色んな鉄子を思い出しています。

 

————————————————————————–
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

 

カテゴリー: いただき物, 鉄子の思い出 | 12件のコメント

じいちゃんと私

じいちゃん(義父)は91歳です。

趣味はいろいろありますが

一番、力を入れてるのはお謡いです。

週に一度、お仲間と集まって

練習してます。

そのお謡いに行くときの

じいちゃんはとっても楽しそうでわくわくとしてかわいいのです。

資料作りも頑張っていて

85歳くらいまでは自分でパソコンを使って入力してました。

が、数年前から急にパソコンができなくなって

あきらめていたのですが

最近、急に「もう一度教えてくれんかい」ってことで

今、頑張っております。

年齢的にいろいろたくさんのこと

覚えられないのですが

かなり入力もできるようになりました。

でも、「おいは、もうようわからんごとなったけん

愛子さんが、この作業を進行してくれんね」と言って

私が何故か

200冊近いお謡い教本の説明文を入力していく

リーダーになっちまいました。

あはは。

頼りないリーダーですが

今、毎日、じいちゃんと頑張っております。

 

こんな本が200冊。

文字が古いものばかりですし文体も難しいので

かなり時間もかかります。

忙しくなりました!

685

パソコンにシールで

いろいろ説明貼ってあげました。
(主人が)
 

687

そして、今日はじいちゃんの好きなちらし寿司です。

「すし太郎」使って手抜きですよ!

ごはんはものすごく柔らく炊きます。

686

そして!

鉄子さん。

パソコン教室に通ってたらしく

ネット検索もできてました!

688

お小遣いで買うお洋服を探してるところ。

689

これは、佐賀に越したとき

バルーン大会見に行こうとして

会場を検索してるところです。

696

ふふふ、鉄子はパソコン、得意だったんだよーー!!

695

という何でもない私の日常の日記でした。

 

————————————————————————–
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

カテゴリー: 愛子のつぶやき | 18件のコメント

毎朝、起きてすぐに立つ場所。

寝起きぼさぼさの頭のチェックするんですけどね。

ここにかわいい子たちがいます。

681

ココ母さんがくださったかわいい3人組です。

最近、この子達用にかわいい木のベンチも届きました。

680

そして、永遠の幼稚園児の鉄子に可愛いハンカチもいただき

遺骨にかけてあげました。

きっとお空でココちゃんと一緒に可愛いハンカチを

ポッケに入れて

幼稚園バスに乗ってキャッキャッしてるんじゃないかなと思います。

679

 

ココ母さんにいただいたピンクのハンカチを

遺骨にかけてあげた日。

夢を見ました。

鉄子の夢です。

 

長く続く塀の下の方に

小さな穴があって

塀の向こうから鉄子がこちらを覗いていました。

683

私は「あ!鉄!ここにいたんだー」とうれしくてうれしくて

穴に手を差し入れて

鉄を撫でました。

 

鉄は私のその手に体全体で甘えてきて

生きてた時と同じように

手をぺろぺろ舐めました。

 

そのあたたかな感触、

抱き上げたくて

私は塀の向こう側へ行く方法を探すと

さっきまでなかった木戸が

塀の端の方に現れて。

 

「鉄、そこで待っててね、おかあさん、すぐそっちに行くよ」

と言って、木戸の方へ向かおうとすると

穴から覗いている鉄が

小さいかわいらしい女の子の声で

「おかあさんはこっちにはまだ来たらいけないんだよー」と言いました。

 

「鉄はここにいて、なでなでしてもらえるから
いいんだよー」と再び鉄は言いました。

682

 

それはまだ薄暗い夜明けの時間。

目が覚めた私は、夢を忘れないように

よろよろ起きあがり

メモに書きとめました。

 

鉄は

私はまだ命と姿を持ってるけど

自分は魂だけになってるとはっきりわからせてくれて。

でも、いつも側にいるよって現してくれた夢だったのかなと思いました。

 

そんなこと思って

久しぶりに泣きました。

684

「鉄、、また、おかあさんをぺろぺろしに夢に出てきてね」

と心から願いました。

時々、こんなリアルな夢を見ると

とても胸が騒いでしまいますが

幸せな事なんだろうなあって思います。

 

いつまでも変わらぬ想いを鉄子へ。

 

————————————————————————–
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
カテゴリー: 鉄子の思い出 | 23件のコメント