じいちゃん、インフルエンザ。

92才のじいちゃん(義父です)
元気で、先日まで、せっせと庭いじりをしていました。

キンカンの枝が挿してあります。

187

こ、これは・・・ミカンの木の枝。

188

あーなんだろうこの太い枝。

庭の木のどれかですね。

どうやって切ったのかなあ・・・危ないなあ。

190

なんだか、もうわかりませんが

とにかく色んな枝が挿されています。

191

これは枝を挿したいというじいちゃんに半身を切られてしまったキンカンです。

じいちゃん、容赦ないですねー(笑)

189

そんな元気なじいちゃんが

1月31日(私が胃カメラした日)に37度8分の熱。

夕方に熱が出て

私の胃カメラしてくれた先生の病院に駆け込みました。

 

先生が念のために検査しましょうと言って

インフルエンザの検査。

「出ました!出ちゃったわーインフルエンザA型!」

 

ということで病院の隔離室へ。

じいちゃんと私と主人は移動しそこで診察。

女医さん「お父さん、どこか具合悪くない?痛いところないかな?」

と熱による関節痛や吐き気がないか聞いてるのだけど

じいちゃんは「背中のかゆかー」(背中がかゆい)

 

私、主人、吹き出しました。

おかしくて。

そして熱があっても元気なじいちゃんは

隔離室をあちこち見回って

歩き回っており

インフルエンザがどんなに怖いか全く意識してない様子でした。

 

6年前くらいにインフルエンザになった時は

ほんとに大変危機的な状態になったじいちゃんでしたが

今回は熱も38度ぎりぎりまでしか上がらず

食欲もあって、熱があってもモリモリ食べており

1週間で平熱に戻りました。

 

私が一番じいちゃんのお世話で密着していたので

移ってる可能性大でしたが

私も発症せず今に至ります。

 

じいちゃん、早めの診察と即診断でタミフルが有効に

効いたんでしょうね。

 

でも、良くなって1週間が過ぎた今

「おいはインフルエンザなんかなっとらんよ!」

とーーーー

おおおおおおーーー

もう記憶のかなたにインフルエンザになったことが消え去っておりました!

 

でも、よかったー

じいちゃん、ひどくならなくて。

今年の冬はインフルエンザがすごいので

まだまだ油断できませんね。

—————-鉄の思い出——————-

あれ??

どこの女の子かしら?

192

と思ったら

パピヨンの鉄子さんでした。

フェイト母にもらった赤い毛糸の帽子が似合っていたね!

193

この赤いスヌーピーのジャンバーも

冬になると毎日着てました。

194

この赤いジャンバーは今も鉄子専用の小さいたんすの引き出しに

入っています。

いつでも帰っておいで!

—————読んでくださってありがとう。————————–
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

カテゴリー: 愛子のつぶやき, 鉄子の思い出 | 6件のコメント

また胃カメラ

昨年末から胃腸の調子悪し。

で、また胃カメラしました。

胃もたれ、逆流性食道炎の症状強く、なんだか胃の存在が
いつも重くて。
さらに下痢が続いている。
体重もまた落ちてしまいました。

一定期間
薬を飲んで良くならないので胃カメラになりました。

164

近所の掛かりつけ内科。
女医さんが一人で内科、胃腸科、循環器科、小児科、と
診ている小さい病院です。

でも、そこの女医さんは優しくてテキパキしてて
話もいっぱい聞いてくれて
私は行きやすい病院です。

女医さんに「胃カメラは紹介状、先生書いてもらえるんですか?」って
先日ブログに書いた大きい病院に行くつもりの私が尋ねると
「あ、ここでもできるわよ」と・・・

私はそこで、胃カメラと大腸内視鏡まで
できるとは知らなかった!

あの病院のどこに検査器具があるの?とか思っていたし(すみません。。。)
女医さんがひとりでやってるので
今まで大きい病院でしか検査したことない私は
ちょっと心配してしまいました!

が!!!!
182

朝、8時半に病院に行き
胃の中を洗浄する液体をコップ1杯のみ、
肩に内臓の動きを止める注射して。

ベッドに横になる。

そしてナースが
喉をしびれさす薬を凍らせた四角い氷を
スプーンで私の口に。

よく話を聞かなかった私は
飲み込まないで喉にためるんだと
しばらく我慢。

で、ナースが「飲み込んだ?」と聞くので
えええーー飲み込むのか!

そうかと、
少しずつ飲みこみました。

これで結構喉が麻痺。
うん、この方法いいかなと思った。

そして女医さん登場!
いつも通りニコニコ。

そして、前に、うだんさんに教えてもらった
「マウスピースを噛むようにする」を実行。

そして
先生!
うまい!

カメラを飲むとき、出す時だけ「おえっ」って
なったけど
あとの苦痛はほとんどなし。
涙も出なかったよー
先生!最高うまいですーと感動してしまった。

結果も、
ごくごく軽い炎症。
軽い逆流性食道炎。
良性ポリープ2個のみ。
今回の長い不調の原因となるものは
見つかりませんでした。

血液検査も
すべてOK。

なんだかな。。。
ストレス性とか??
そういうものなのかもしれませんが
ついつい癌の再発を疑ってビビってしまう私です。

検査の帰り、うどん屋さんへ。

WESTうどん、かしわ、ごぼうてんうどんは主人。

169

私は卵が乗っただけのほとんど素うどん。

167

1月中はずっと、お粥とか豆腐とかうどんで生きていました。

2月になって少し色々食べれるようにはなりました。

 

 

そして胃カメラ帰りに

佐賀の与賀神社。

170

171

172

いつも持ち歩いてるお守りはここの物です。

178

おみくじは小吉でございました。

まだお腹が緩いので、しばらく病院に通います。

で、また大腸内視鏡もやるのかな?とか思ってます。

がんばろー

———-鉄の思い出———

おみくじを前に。

180

「おかあさん!鉄が大吉引いてきてあげたよ!」

181

ありがとー

かわいい鉄ちゃん!

—————読んでくださってありがとう。————————–
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

カテゴリー: 愛子のつぶやき | 9件のコメント

覚書 去年のPET-CT検査

(覚え書きとして)

前日記、腫瘍マーカー急上昇(2か月上がりっぱなし)
CEA数値上昇で消化器系に何か異常があるかもしれないということで
胃カメラ検査、
大腸内視鏡検査
PET
をすることになった。
—————————
今回ははじめてやったPET-CT検査のこと書いておこうと思います。

以前より一度やってもらいたい(安心するために)とは思ってたけど
検査費用が高額なので手が出ませんでした。

しかし、去年は腫瘍マーカーが上がったまま下がらなかった為
主治医からの紹介状を持っての検査であったため
保険適用で受けられました。
ま、それでもやはり高いですね。。。

検査の流れは以下。

まず、指先から血糖値検査。

高すぎたら検査受けられません。(要注意)

158

最初に少量の薬剤FDGを静脈に点滴するのですが
私の点滴用の腕(術側ではない方)は
抗がん剤で血管がおかしくなってて
点滴針を入れるのが大変困難。
いつも何回かやり直しあり。

しかし去年のPET-CT検査では一発で入りました。

↓  ここ、記憶しておく。

154

そして豪華個室で検査着に着替え待機。

PET-CT検査のある検査室は受付とは別館にあり

スマホ持ち込み禁止。

また待機の間に目を使う読書もダメ。

159

寝心地の良いリクライニングチェアがあり

個室にトイレも完備。

とにかく寝て待つ。

 

そして検査。

画像は病院HPから。

こんな風に毛布掛けてただじっと寝てるだけ。

楽ちんな検査ですが

検査前の点滴のルートが取れるかどうかが嫌な点。

あと費用がけっこうかかりました。(保険適用でも)

160

(PET-CT検査まとめ)

点滴さえうまくできたらOK。

検査中、動かないようにする。

検査は点滴から入れて2時間ほど。

くらいかな・・・

 

この日は念願のステーキを食べて気分上げて自宅に帰りました。157

 

—–鉄の思い出——

おかあさん!遊ぼ!と言っております。

161

この黄色いひよこさんはたくさんのおもちゃの中でも

特にお気に入りだったね。

投げて!と言いながら

お口でピーピー音を鳴らしていた可愛い鉄子でした。

 

—————読んでくださってありがとう。————————–
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
カテゴリー: 愛子のつぶやき | 7件のコメント