父が要介護になるまでを鉄子が語る

「パピヨン鉄子物語 その38」
父が要介護になるまで

2008年9月27日に心筋梗塞で父は手術、入院しました。
退院してから元気になったと思われました。

病院の先生にも「タバコを止めなさい」と言われ
がっかりしながらもタバコを止め
量を減らして晩酌でお酒をちびちび飲んでました。

これで落ち着いてくれたらいいなあと思っていた矢先に
立て続けで体調を崩し
救急車もくる騒ぎがありました。

鉄と父がブログをはじめて
最初の頃の記事でそのことを書いたのがありました。

私も主人もまだ登場してなくて
この記事で初めて鉄子の変装で登場してますが
もう、すごいバカっぽくて笑えます・・・・
お恥ずかしいですが
改めて父のことを説明するより
この鉄子の説明の方が面白いので
このまま載せてみますね。

この時はまだ父が生きていて
父が面白く書いてくれと言ったこともあり

鉄子の変装、父が倒れた様子の再現とかも

父と一緒に考えて書いたもの。

父も見て「受けるかなー」と言ったものなので

「もう!じいちゃんったら・・・・」という感じで書いたので
ふざけモードで書いておりますのでご了承くださいませー

どうか読んで笑ってやってください。

写真についてるセリフも当時、私と父で考えたものです。

そのまま載せておきますね。

お世話係→ 愛子

おじたん→鉄子の父 です。
—————2009年のブログより—————————————-
こんばんは!ナース鉄子です。

今日もまた、じいたん事件です。

f:id:sabu36:20091205214336j:image

 

じいたんは心筋梗塞で1ヶ月くらい入院しました。

最初の危険な状態を見事乗り越え奇跡的に復活したじいたん。

 

しかし、そのじいたんを災難が襲いました。

それは退院して1ヶ月がたった11月の終わり。

夜の11時のことでした。

 

私はじいたんと一緒にベッドで寝るために

杖をついたじいたんをベッドの方へ先導していました。

 

ところが!!

「どーーーっん」というでかい音がして

じいたんがリビングの床に倒れてしまいました。

 

お世話係も2階で生協の注文書をやっていて

誰も現場を見てないのですが

そのでかい音で皆が降りてきて大騒ぎになりました。

 

じいたんは自分の部屋のベッドに行く前のリビングの床に

杖と平行線になって倒れて

目が開いたまま意識がありませんでした。

 

f:id:sabu36:20091205210650j:image

 

f:id:sabu36:20091205210737j:image

そして「はーっはーっ」と大きい変な呼吸で

私は見ていて怖かったので、リビングにおしっこしてしまいました。

 

そしてお世話係が、おじたんに

「救急車呼んで!」と叫んで

おじたんは、落ち着いた様子で119をしていましたが

実は慌ててたそうで、家中の電話の子機の内線がリンリンなっていました。

 

f:id:sabu36:20091205214635j:image

 

でも、繋がってすぐにやってきたのはなんと消防車!

f:id:sabu36:20091205211424j:image

救命の為の救急装置を積んだ消防車が先にやってきて

中から隊員が3人は家の中に入ってきました。

f:id:sabu36:20091205211423g:image

次にやっと救急車。

またその中から4人降りてきてリビングは消防士と救急隊員でいっぱいでした。

私はワンワン吼え続け疲れました。

ご近所から火事かと思ってたくさん人が出てきて

外は大騒ぎになりました。

そしてじいたんは毛布に包まれ、近所の人に見られながら救急車で

心筋梗塞で入院した病院に運び込まれました。

 

が、どんな検査をしても何も原因はわからす、

検査をしているうちにすっかり元気になり

じいたんは夜中の3時に家に帰されてきました。

 

じいたん、股引にレッグウォーマーして、そのままで帰ってきたので

水戸黄門様みたいでした。

 

じいたんの心臓のお薬と、寝る前にちょっとだけのんだ水割りがいけなかったって

先生に言われて、

タバコは心筋梗塞でやめていたじいたんは

この日からお世話係りにお酒も禁止令を出されたのでした・・・・

 

そして、お家に帰ってきて一緒に寝たじいたんの頭に

でっかいタンコブができてたのを私は見ました。

 

じいたん、かわいそうでした。

 

そしてその1週間後にまたじいたんは病院に運び込まれます。

さぶろーの災難第3回目です。

こんなに短期間にじいたん、よく騒ぎを起こしてくれました。

またまた、パピヨン鉄子が語ります。

12月の朝、私が起きるともう、じいたんとお世話係が

騒いでいました。

f:id:sabu36:20091206211123j:image

じいたん、今度はめまいですか!!

え!!吐き気も!!うっーーーー。

 

f:id:sabu36:20091206211122j:image

初登場。お世話係り。(最近お世話係のお気に入りの帽子)

 

お世話係、またもやじいたんの不調にかなりがっかりしながら

病院に行く用意をしてました。

じいたん、その間もずっと具合悪そうです。

私も、心配でした。

 

タクシーで病院に着いたあと、じいたんはすごい吐き気に襲われました。

そりゃあ、もう大変です。

ちょっとの段差でも苦しい吐き気に襲われ、

顔は真っ青。手は震えていたそうです。

 

いきなりストレッチャーに乗せられ、急患扱いだったらしいです。

入院することになったけど病室が空かないため、

じいたんは廊下でそのままさらされていました。

 

お世話係がじいたんの吐き気の面倒をみながら待つこと3時間。

やっと開いたのは交通事故など救急車で運ばれる人の入院する部屋。

 

f:id:sabu36:20091206211121j:image

 

じいたんはここで、3日間苦しみました。

入院最後の日は見舞いに行った「おじたん」と「お世話係り」に弱気になって

「なんかもうだめだ。後のことは頼んだから・・・」と言ったそうです。

f:id:sabu36:20091206211119j:image

f:id:sabu36:20091206211118j:image

 

こんなに苦しんだのに、結局最後の日に耳鼻科の先生が見てくれたところ

耳の石というものがあってそれがずれていたらしいとのことでした。

 

先生がじいたんの頭をひねったら、その途端に吐き気もめまいもなくなったそうです!

そして、すぐに退院して来ました。

 

いっぱい検査してもわからなかった原因は「耳石」。

診断書の病名は「良性発作性頭位変換性めまい疑い」となっていたそうです。

 

それでMRIで頭の中を見たら一回、脳梗塞を起こしていたこともわかりました!

お世話係が「あ!じいたん、一回支離滅裂なことしゃべったときあったよね、

あの時、脳梗塞だったんじゃないの?おかしかったもん」とかいって

じいたんをいらっとさせていました。

f:id:sabu36:20091206211117j:image

じいたん、あんなに苦しいことはなかったと、今も言います。

パピヨン鉄子

————————–

父はこの後、要介護状態になって

鬱になって、このブログを鉄子と始めることとなりました。

鉄子物語はこれでやっと

鉄子とさぶろーのブログがはじまるところにたどり着きました。

 

—–ランキング参加中。よろしくお願いします——-
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村
 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
カテゴリー: ★鉄子物語 パーマリンク

父が要介護になるまでを鉄子が語る への18件のフィードバック

  1. aki&mighty さん のコメント:

    大変なことが続いたのですね。その状況の中、いくら少しでもじいたんを元気付けようと思われたとしても、こんなに楽しい(おふざけモードの)ブログを書けるなんて凄いです。ほんのちょっとのことでも「大変大変」と自滅型の私は愛子さんを見習わなければと思います。それぞれの役を演じる鉄子ちゃん可愛すぎ!特に最初のじいたんが倒れたシーンの再現は凄い演技ですね。

  2. yukarin11 さん のコメント:

    愛子さん
    おはようございます。
    サブローさん受難の日々でしたね。
    鉄ちゃんの演技力がすごいです。
    特にお世話係さんはそっくりでは?(笑)
    これからのお話楽しみです。

  3. なごみとレオン さん のコメント:

    本当に鉄子ちゃんの再現シーン、熱演ですね。
    よくお洋服を着せられておとなしく、横になっていますね。
    一流モデルさんだけでなく、最早一流女優さんですね!

    実は私も良性突発性頭位変換性めまいで救急車経験しています。
    それも3回も・・・(苦笑)
    瞳が勝手にぐるぐる動くので、歩くことも出来ないしとにかく吐き気が
    すごいです。サブローさんがお仲間だったなんて驚きです。
    しかも山梨には、耳石の位置を直してくださるお医者様がいないので
    してくれることは点滴のみで、1週間もすると退院させられます。
    もう5年ぐらい経ちますが、いまだにめまいの飲み薬が欠かせません。
    精神安定剤的な漢方と血流を良くするビタミン剤に過ぎないのですが。

    なんか、興奮してしまって長くなってすみません(汗
    続きも楽しみにしていますね。

  4. うだん さん のコメント:

    鉄ちゃんすごい!ほんと女優さんですね~
    さぶろーさんが倒れるところ、たまたま鉄ちゃんだけ見ていたんですね。
    大変なことになって、オチッコをもらしちゃったんだね…(涙)
    さぶろーさんもご家族も大変な思いをされましたね。
    鉄ちゃんの可愛さが、どれほど皆さんを和ませてくれたことでしょう。
    こうして、おじたんがおとうさんに、お世話係さんがおかあさんになっていくのですね。

    なごみとレオンさんも、さぶろーさんと同じめまいの症状がおありなのですね。
    こちらのブログで、とても多くの方が困っておられると知りました↓
    http://blog.livedoor.jp/chiblits/archives/52085922.html
    エプリー法など試しておられる方のコメントが入っています。
    どうぞお大事になさってください。

  5. ハリーママ ハリーママ さん のコメント:

    わが家も何度か、義父母の体調不良で、夜に病院行った事有りますよ!
    救急車が恥ずかしいという事で、私が車で救急病院に送って行きました。
    そう、大体、何か分からない事が多いんですよね〜。
    鉄ちゃんの再現シーン、本当に上手♪♪
    さすが、さぶろーさんと愛子さん、大変な日々を面白く書かれてたんですね(^_^)v

  6. もんち もんち さん のコメント: もんちさんについてもっと知る

    1人(匹)3役、見事な演技でした。
    拍手です。
    倒れたじいたんになりきる鉄ちゃん、
    熱演です。
    いつも冷静なおじたん、内線リンリン
    鳴らしちゃいましたね~。
    ドキドキが伝わりますよ~。
    鉄ちゃんも吠えつづけて疲れたよね~。
    お世話係さんが1番冷静だったのかな。

    じいたん、苦しい思いを何度もされましたね。
    みんなが側に居てくれて良かったです。

  7. パピ+ヨン パピ+ヨン さん のコメント: パピ+ヨンさんについてもっと知る

    役者の鉄子ちゃん☆ウケましたょ。
    大活躍!!!
    しかし、親が歳をとってゆくと色々ありますよね
    あいこさんの親孝行ぶりを見習わなくちゃ!とつくづく思うこの頃です。
    なごみとレオンさんも、お大事になさって下さいね

  8. たっくん母 たっくん母 さん のコメント: たっくん母さんについてもっと知る

    電車の中でスマホで読んでて
    ひと駅乗り過ごしてしまいました。
    すごいドラマです!

    耳石ってちょと聞いたことはありますが
    こんなになるのですね~。

  9. ★愛子★ ★愛子★ さん のコメント:

    ★aki&mighty さん
    どのときは大変だったんですが
    ブログに書いたときはもう、過去のことだったので
    笑い話にしちゃいました。
    あまり暗いこと書いてもねーとも思って。
    でも、父のこういう一連の事、
    なんだか笑えることがいっぱいあったんですよ。
    そういう父でしたね。
    父が倒れたシーンの再現は
    じっとしてくれてたので
    私、笑いながら写真撮ったの覚えています。

    ★yukarin11 さん
    この当時の父は悲惨でしたね。
    でも、大変な時が過ぎると
    何故かおかしくて笑ってしまう父の
    様子でした。
    鉄子にこういう演技させたのは初めてだったかなあー
    私は顔出ししたくなくて
    こんなことしてましたが
    あ、似てますね!
    また読んでいただけたら嬉しいです。

    ★なごみとレオンさん
    あーーそうなんですね!
    興奮されるのわかる!!
    あの、大変な状態を何度も経験されたなんて・・・
    私、父の様子見てるだけで
    自分もおかしくなるくらい、かわいそうでした。
    吐き気がすごいんですよね。
    ストレッチャーが1ミリの段差を超えるだけの振動で
    吐いてましたよ。
    父も三日三晩苦しんで「もう俺はダメだ」とつぶやきました。
    なのに、耳鼻科の先生が来て頭を
    ごきごきってねじったら直ってしまったというのですよ。
    その場に私はいなかったので見てないんですが。
    ほんとにあれは大変ですよー
    今後、もう起きないことを祈っていますね。
    ↓ うだんさんからも情報が寄せられています。
    記事のコメント欄に情報がたくさんありますね。

    あ!鉄子の熱演、ほめてくださってありがとうございます。

    ★うだんさん
    ふふふ、この演技凄いですよねー
    父のステテコとシャツをまとってます。
    鉄子だけが見ていたのでかわいそうだったですけどね。
    父の事、心配だったんでしょうね。

    ブログの歴史。
    これから私がお母さんになっていったり。
    ほんとにいろんなことがありました。
    また書いていきますねー

    そして病気の情報ありがとうございます。
    ほんとにこれは辛い病気ですね。
    父のこと見ていて私も辛かったです。

    ★ハリーママさん
    父も救急車を嫌がりましたねー
    でもあの時はタクシーまで運べなくて、
    もう救急車だ!ってことに。
    でも後で父がなにも救急車呼ばなくてもよかったのにー
    って言ってました。
    で、結局、原因不明。
    こういうことがたくさんありましたねー
    後に思えば、いろんなことがつながっていたかもしれないけど。

    鉄子の再現シーン。
    この当時の鉄子がこんなことよくやってくれたなあって思います。
    大変だったこともすぎてしまえば
    笑い話って感じの父でしたねー

    ★もんちさん
    そうそう、鉄子頑張ってくれたんですよねー
    今見ると笑えます。
    倒れたじいちゃんのシーンなんて
    ステテコとじいちゃんが倒れたときのシャツをまとっているんですよ。
    よくじっとしてたなあ。

    主人は救急車を呼ぶ係なのに
    慌てて、家の中の内線がなるばかりで
    一向につながらず・・・・私、焦りました。
    今も笑い話になってます。
    私が落ち着かなくっちゃって思ってたけど
    一緒に救急車に乗って
    病院着いた時、私、なんか父のサンダルを履いていました。
    大変だったけど
    終われば笑い話にしちゃってましたねー

    ★パピ+ヨンさん
    私もいろいろありましたけど
    パピ+ヨンさんもがんばってるよー!!
    応援してますからね。

    鉄子の熱演、ほめてくれてありがとうー
    おかしいでしょー
    よくじっとしてくれてたと思います。

    ★たっくん母さん
    あららー
    す、すみませーん。
    もう、父はこういうことがいっぱいあるんで
    書いてたらきりがないんですよ。
    また書きますねー
    笑ってやってくださいね。

    そうなんですよー耳石で同じようになる方多いですが
    みなさん、起き上がれないほどのめまいと
    吐き気で苦しいそうです。
    私もあの時の父はかわいそうで辛かったですねー
    でも、終わったらこうして
    ネタにしちゃったんですけどね。

  10. oyajisann さん のコメント:

    今晩はお父様凄く大変だったのですね。
    しかしながら再現シーンの鉄子姫の奮闘
    見てると笑えてきます。
    笑いのつかみはOK。
    耳石なんてあるんですね。
    笑いの中にも勉強になりました。

  11. 思わず笑ってしまいましたが、当時は大変な騒ぎだったのでしょうね。

    でも、じーたんって、ユーモアがあって、凄い人だな~!

  12. tarokichi さん のコメント:

    こんばんは
    鉄子ちゃんの再現ドラマ風のお話し、大変な事態なのに
    なぜか、にやけてしまって不謹慎でゴメンナサイ 笑
    救急車呼んで消防車が来るって、レスキュー隊?
    耳石がずれてめまい、私もたまーになりますよf^_^;)
    景色がぐるぐる回って、まっすぐ歩けなくなるの
    じいたんも、怖かったでしょうね
    いろんな事が短期間にあって愛子さん、大変でしたね

  13. 幸です さん のコメント:

    大変な事がたくさんありましたね、でもさぶろーさん
    娘さんと一緒で良かったなと思います。

  14. ぐるりん さん のコメント:

    鉄子ちゃん、大女優さんですね
    再現フイルムすごい!一人4役??ww

    私も耳石が動くのあります
    私のは病院で処置してもらうほどの酷いものではないのですが
    朝起きると、天井が高速プラネタリウム状態になります
    上とか下とかもうわからないので、しばらく目を閉じてじっとしてると収まる程度です
    原因はスキーで大クラッシュすることだと思うんです
    今年はミカンの病気で一度もスキーに行かなかったので全く起こっていません

  15. ★愛子★ ★愛子★ さん のコメント:

    ★oyajisann さん
    ほんとにこの当時は大変なことが重なり
    参りました。
    でも終わってしまえば、おかしなことばかりで。
    父もそういう話をするのが好きだったので
    「ほんとあれは大変だったが、おかしかったね」と
    思い出話良くしてました。
    この鉄子の再現も父が大喜びしたんですよー

    ★アトムパパさん
    おかしいでしょー
    笑ってやってくださいねー
    確かに大変でしたが
    おとぼけじいさんなので
    楽しい人でした。
    懐かしい思い出です。

    ★tarokichi さん
    いえいえー
    ほんとに笑っていただいていいんですよー
    過ぎてしまえば笑い話です。

    鉄子の再現も今見たら、な、なんだこれは!
    ですけど、おかしいですね。

    救急車呼んだのに大きい消防車が来て
    びっくりでした。
    最新の救命器具が入ってるので
    先に来たと言ってた覚えがありますが
    近所が大騒ぎになったんですよー
    tarokichi さんもめまいあるんですね。
    どうかお気をつけてくださいね。

    ★幸さん
    ほんとにー大変でしたねー
    一人暮らしだったらとんでもないことになってますね。
    酒とたばこが過ぎてなかったら
    こんなことはなかったのかもしれないですねー

    ★ぐるりんさん
    あーそうですねー
    全部入れたら4人か。おかしいですねー
    当時の幼稚なブログが笑えます。

    ぐるりんさんも耳石でお悩みなのですねー
    え!スキーで大クラッシュ!!!!
    すごい。
    私はスポーツ全般ダメなんですよー
    ぐるりんさんはテニスもすごいなあって思ってます。
    次回はスキー行ってもならないといいですね。

  16. ラッキーママ さん のコメント:

    うわあっ、ナース鉄子さんだっ!と思ったら何役もこなし再現もしてくれてありがとう(≧∇≦)
    面白すぎますー^ ^
    さらに救急車より先に消防車が来るとはっ!
    その時は全く笑えないですよね、耳石なんてあるんですねー
    はじめて聞きました。
    サブローさんのブログいよいよスタートですね。
    あー最初から出会いたかったなあ、2010年11月頃からの読者ですー^ ^

  17. けんけん さん のコメント:

    鉄子ちゃん、お疲れ様!
    じぃたんの事、心配だったね。
    鉄子ちゃんのお母さん、救急車呼んだのに、消防も来るってびっくりドンキー!ですよねぇ。我が家も救急車のお世話になった時に消防も来てびっくりしました。
    家族の誰かが救急車のお世話になるような状況って、落ち着いているようで実は慌ててましたって有りますよね。
    皆さんお疲れ様でした。

  18. ★愛子★ ★愛子★ さん のコメント:

    ★ラッキーママさん
    こんな感じで父のブログがはじまったんですよ。
    おかしいでしょー
    鉄子もよくここまで
    再現したなあって思います。
    この父が倒れたとき、消防車が先に来たのには
    驚きましたー
    もう近所は大騒ぎでしたよ。
    そうだーラッキーママさん、あの頃でしたねー
    懐かしいなあ。
    でも、すごく長く見てくださってるんですよ!
    ありがとうございます。

    ★けんけんさん
    あーやはり!消防車来ましたか!!
    あれにはびっくり。
    主人は間違えて電話したかと思ったらしい。
    ほんとに近所を巻き込んでも
    大騒ぎになってしまったのでした。
    今も思うと、みんなドタバタ慌ててたと思いますねー
    カバンとか財布とか
    いつもあるところになくて
    探しまわしたら
    もう持ってたとか。ほんと大変だったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

写真も投稿してね!