舞い上がる父と鉄子

「パピヨン鉄子物語 その42」
舞い上がる父と鉄子

嫌々はじめたブログでしたが
なんとか毎日何かを書くということを
こなしていった父でした。

でも、何故、日記をネット上に書くのか
意味がないのではないかと、
そういうようなことを思っていたらしい。
なので「今日、日記休んでもだれも俺のことを気にもしない」と
よく言ってました。

ところがある日、mixiでの私の友達がコメントを入れてくれました。
確か最初は「ふぅさん」
そしていちごちゃんのママ「べりぃーさん」も「みっこさん」も。

父は驚きました!
自分が書いた日記にコメントが付いたのです。

それにお返事をはじめて書かせたときは
返事をする意味も分からなかったと思います。

でも、とても誇らしげにしておりました。

こんなじいさんにコメントが付いた!
と信じられないほどの興奮ぶりでした。
元気がみなぎったような顔をしておりました。

そんなある日、私の友人二人が
セキセイインコのQちゃんのお墓参りに来てくれたのです。

一人はフェイト母、
もう一人は以前ブログにも書いた猫の富士ちゃんの母です。

http://sabu.tetuko.com/?p=1182

1
(庭のQのお墓)

 

2

父はこのころ、まだ鬱が抜けてない状態。

でも女性二人が来てくれたことでとても楽しそうに会話をしてました。

 

そして、私はほんとに悪いと思ったのだけど

この二人にお願いしたのです。

「申し訳ないけど、時々でいいので

コメントしてくれない?

父が元気になるんだよ」と。

 

するとこの心優しい友人たちは「いいよ!」と

快く受けてくれて

ほとんど毎日のように父にコメントを入れてくれたのでした。

 

それは父が亡くなるまで続きました。

一人は「シロクマ」さんの名前で

一人は「野うさぎ」さんの名前でした。

 

父はこのお二人が私の友人とは知らずに

見も知らぬ人が自分の記事を読んで

感想を寄せてくれることに喜びを覚えたようでした。

一気に気持ちが充実していった父でした。

友人たちは、義理だけで書いてくれてるのではなく

父のことを思ってくれて

コメントも心から書いてくれていました。

ずっと父のブログの一読者としての感想を寄せてくれてました。

ほんとに私は感謝してました。

 

父はこのどちらかがコメント書けない日は

「どうしたのかな?病気かな?」なんて心配するくらいでした。

 

コメントにも「こうしなさい、こうやってみたら」なーんて

ちょっと年長者の感じでお返事したりして

得意そうでした。

 

このお二人のコメントのおかげで

父は毎日のブログを書くことがとっても楽しみになり

面白い記事を書いて笑ってもらいたい!とまで思うようになったのでした。

そして「自分がブログ書かなかったら二人が心配するだろうなあー」
なんて言ってました。

 

鉄子も知らなかったでしょー!

4

その当時、夜になると前日のブログ記事のコメントを読んで

お返事考えていました。

鉄子も一緒に考えてたねー

不明046095

「どこの人かなー?シロクマさんはこんな人かなー
野うさぎさんはこんな人だろうなーー」とか
よく楽しそうに謎の二人のことを
話していました。

自分の日記を読んでくれて
コメントを毎日くれるこの謎の二人のおかげで
父はブログを書かないと二人が心配するとまで思って
毎日書くようになり
どんどん鬱も治って行ったのでした。

そしてそんな感じで
ブログを書くうちに
今もコメントくださってる方々の
コメントもいただけるようになり
父はますますブログ命!になって行ったのでした。

父が元気になったのも皆様のおかげです。

そして、何を隠そうこのわたくしも
今までたくさんの危機がありましたが
皆様のコメントやメールに救われたのです。
一時、かなり長い間、諸事情でコメントお返事が
書けませんでした。
その間もみなさん、変わりなくブログを読んでくださって・・・
ほんとに皆様、ありがとうございます!

そして父が最期に入院したとき、
野うさぎさんとシロクマさんにお見舞いのお花をもらった父は
看護師さんに得意そうに「ブログのファンの人が送ってくれた」と
話していた時の様子を今も忘れられません。
二人ともありがとうねー
父の心の恩人です。

—–ランキング参加中。よろしくお願いします——-
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
カテゴリー: ★鉄子物語 パーマリンク

舞い上がる父と鉄子 への17件のフィードバック

  1. ちゃーこ さん のコメント:

    愛子さんの、親思いで優しいのは知っていましたが今日の記事よんで、なんて優しいんだろう。って感動しました。野うさぎさん、シロクマさんも温かいお友達ですね。さぶろーじぃたんがだんだんやる気出てきて元気になってきたのは鉄子ちゃん、優しいご家族、コメントくれた皆さんの優しさなんですねー(*^^*)そして、何より毎日頑張ってブログ書いたさぶろーじぃたんの努力の賜物ですね! ずっと物語を読ませて頂いて、やっぱり鉄子ちゃんはこのお家に来る運命だったんだなー。ってしみじみ思いました(*^^*)
    さぶろーじぃたん、幸せいっぱいでしたね(*^^*)

  2. 幸です さん のコメント:

    いいお話ですね、朝から心がいやされました、サブローさん良かったですね~(^-^)v

  3. yukarin11 さん のコメント:

    愛子さん
    おはようございます。
    いいお話ですねえ~。愛子さんは本当にお父様にやさしい。
    サブローさん やさしい娘さんがいてよかったですね~。

  4. すーさん すーさん さん のコメント:

    わあ…!とてもいいお話で、涙がにじみました。
    あとからあとから湧き出るいろんなエピソード。
    愛子さんのブログは愛が滾々と湧き出ます。

  5. richiko さん のコメント:

    ほんとに、いいお話で、
    そうかぁ、そうだったんだ~って、うなずきながら読んでましたぁ。

    いろんな人たちの温かい気持ちが
    お父さんを勇気づけていってくれたんですね~。

    でもやっぱり、愛子さんは素敵な方です!

  6. りりこ さん のコメント:

    そうですか、こんな事があったのですね。
    野うさぎさんとシロクマさんに感謝ですね。
    私もさぶろーさんとコメントでお話ししたかったです…
    明後日は父の日ですね。

  7. うだん うだん さん のコメント:

    シロクマさんと野うさぎさん、、そうだったんですね~
    本当によいお話ですね~
    さぶろーさんは優しい人達に囲まれてお幸せでしたね。
    愛子さんのお父さん思いに胸が熱くなりました。
    ブログを始められた頃のさぶろーさんの思い、コメントが入った時の感激、
    とてもよくわかります。
    私もさぶろーさんとコメントでお話したかったなぁ。

  8. もんち もんち さん のコメント: もんちさんについてもっと知る

    さぶろーさん、コメントが来るようになり
    疑問を抱えながらの日記が楽しさに変わり
    益々元気になっていかれたのですね。

    さぶろーさんの知らない所で娘愛子さんが
    父上のために気遣いをされていたこと、
    素敵なお話ですね♪

  9. リーリママ リーリママ さん のコメント: リーリママさんについてもっと知る

    自分宛にコメントを頂いたらお返事するにも考えてまた、返ってくるのを
    楽しみにしてなんてどれ程サブローさんには楽しかった時間だったんだしょうね。
    パソコンの前できっと微笑み浮かべてお返事に悩んで一日の楽しみにしてたのかな。
    微笑ましいお話ですね。すごく心が温かくなりました。

  10. ココ母さん さん のコメント:

    愛子さんの優しい気持ちが、お友達にも伝わったんですね。
    そして、シロクマさんも野ウサギさんも あっという間にさぶろーさんファンになられたんでしょうね。
    とってもいいお話で 心が温かくなりました。

    わたしも、さぶろーさんにコメントしてみたかったなぁ~。

    「ブログのファンの人が送ってくれた」と話していた時のさぶろーさん きっといい笑顔だったんでしょうね。

    鉄ちゃ~ん!!
    鉄ちゃんのお母さんは優しいね。そして、お母さんの友達も みんなみんな素敵な人だね。
    もちろん 鉄ちゃんも みんなを幸せにする女神さんだよ~にゃはは~

  11. ラッキーママ さん のコメント:

    わ~わ~「野うさぎ」さんと「シロクマ」さんのエピソード初めて知りました~
    確かシロクマさんは西友にシロクマさんがっ!って、でっかいポスターが誕生日の件でUPされていたと記憶しておりますが~
    さぶろーさんが、コメントのやりとりでどんどんブログに前向きになっていかれたのすごくよくわかります~
    あいこさんはさぶろーさんが入院された際病院にも印字して持って行っておられたのですものね。
    文を書くことがお得意で可愛い自慢の鉄ちゃんがいてブログがベストマッチだったのですね~

  12. パピ+ヨン パピ+ヨン さん のコメント: パピ+ヨンさんについてもっと知る

    良いお話しだわぁ♪
    シロクマさん、野うさぎさん 優しい心使いで
    ホント 心の温まる素敵な出会いでしたね さぶろ-さんも今頃「えっ!そうだったのか!」って笑ってみえますね~

  13. ★愛子★ ★愛子★ さん のコメント:

    ★ちゃーこさん
    いえいえー優しいのはこの友人たちなんですよー
    ほとんど毎日、あの当時の何書いてるかもよくわからない日記に
    コメントくれてました。
    父の喜びようは今でも忘れられないんですよ。
    毎日の楽しみが父を元気にしていったんですね。
    やはりコメントいただいてそれに
    お返事書くのは気持ちも高揚して
    精神的にもよかったんだと思います。
    私も、みなさんのコメントやメールに
    救われています。
    なので父の気持ちよくわかるんですよ。

    ★幸さん
    ほんとに、この友人たちには感謝してます。
    当時、こんなことがあったのだと
    今改めて振り返って。
    父はほんとに幸せ者でしたね。

    ★yukarin11 さん
    優しいのは友人たちなんですよー
    私が無理に頼んだことを
    快く引き受けてくれて
    ほんとによく父の相手をしてくれたなあって
    思い返しています。
    父も幸せだったでしょうねー
    みなさんのおかげです。

    ★すーさん
    あああ。。そ、そんなあーことはないのですよー
    すごいお褒めの言葉が!!!
    友人がね、素敵な人たちだったのです。
    ほんとにあの頃は
    父のためにいろんなこと考えていましたねー
    今思い返すと父は皆さんに良くしていただき
    幸せ者でした。

    ★richiko さん
    いやいやー私は、そ、そんなーですよ。
    友人たちがほんと優しくて・・・
    この時、毎日のこの二人のコメントなかったら
    父もブログ途中で放棄したかもしれません。
    家にいて足も悪いし
    出歩かない父はこの二人との会話が
    ほんとに楽しかったようです。
    今も、ずっと友人は感謝してます。

    ★りりこさん
    そうなんですー
    今明かされる真実。
    二人の友人にはほんとに感謝してます。
    二人ともとても優しいんです。
    そうですねー
    明後日父の日ですねー
    なにも用意してないなあ・・・

    ★うだんさん
    父は何も知らなかったんですよねー
    でも、友人たちは本気でコメントくれてて
    父とたくさんの会話してくれてました。
    ほんとに感謝でした。
    あれから父がブログを楽しみに書くようになったんですよねー
    時間をさかのぼって父とお話してほしかったです。
    うはうは喜んだと思いますよー
    コメントってほんとに
    ありがたいものですね。
    わたしも!そうなんですよー
    みなさんに感謝です。

    ★もんちさん
    最初は父はどうにかしてブログやめようとしてました。
    誰も見ないのに何で書かなくちゃいけないのか
    なんてね。考えてましたよ。
    それがこの二人のコメントが毎日つくようになって
    父はガラッと変わったんですよねー
    ほんとに感謝感謝でした。
    友人が優しくて・・・・
    今思い出して記事にして
    ほんとにあそこまでよくやってくれたなあって
    感動してます。

    ★リーリママさん
    そうなんですねー
    父はコメントってなんだ!?みたいに思ってました。
    でも毎日、優しいコメントもらってるうちに
    その楽しさに元気を取り戻していったんですねー
    毎日、コメントを見るのが
    生きがいみたいな感じでした。
    当時、この友人たちがこんなによくしてくれて
    ほんとに父は幸せ者ですね。

    ★ココ母さん
    そうなのですー
    二人とも、本気で父に付き合ってくれて
    感謝感謝でした。
    心からコメント書いてくれていたので
    父も心開いてお話していましたね。

    ほんとに父が生きてたらコメントいただいたら
    飛び上がって喜んでたと思いますよ。
    病院で看護師さんに自慢してる父は
    ほんとにうれしそうでした。
    最後のプレゼントになったけど。
    父はほんとに幸せでしたね。

    ★ラッキーママさん
    おおー
    さすが、ラッキーママさんの記憶力凄い。
    西友のシロクマ、つかいました!
    誕生日に鉄子のために綺麗なネックレスを作って
    くれたんですよ。
    とても優しい友人たちです。
    父はコメントのやり取りで
    気持ちがあがって元気になって行ったんですね。
    父に無理にブログさせて良かったーって思いました。

    ★パピ+ヨンさん
    そうそう、父は今頃、このブログ読んだら
    この事実を知って、飛び上がるだろうなあー
    まったく自然にいつも優しいコメントを
    この二人が書いてくれていたので
    父は幸せだったですねー

    ほんとにこのころの鬱は深刻だったので
    今も友人に感謝してるんですよー

  14. aki&mighty さん のコメント:

    そういうことだったんですね。人は誰かに必要とされていないとなかなかやっていけませんよね。子育ても苦労ばかりだけど必要とされているから成しえるんだと思います。
    コメント下さった方がいらしたこと、優しいお友達がコメントをずっと続けて下さったこと、じいたんが幸せでいられて良かったです。

  15. jimmy jimmy さん のコメント:

    こんにちは☀
    心根の優しいとても素敵なお友達ですね。
    愛子さんのじいたんへの気遣いもとても素晴らしいです。
    短期な私は見習わなければなりませんが、なかなかどうして、ついついキツくあたってしまいます。母は手のかからないどころか、家事も掃除機以外は自分からやってくれる高齢者です。有り難いと思わなければバチが当たりますね(^-^ゞ

  16. tarokichi さん のコメント:

    心の繋がりが、人を元気にしてくれる
    じいたんは、優しいお友達に励まされ、コメントを心待ちして
    明るく前向きになっていったんですね。
    私もサブローさんにコメントしてみたかったなー(*^^*)

  17. ★愛子★ ★愛子★ さん のコメント:

    ★aki&mighty さん
    お返事遅くなってすみません。
    そうですよね、
    人って、ほんとに誰かに必要とされることが
    生きていくうえで大事なことなのかもしれないですね。
    父の鬱の時にそれは強く感じましたね。
    この時のこの優しい二人の友人に助けられた私たちでした。
    コメントってほんとに心に響くんです。
    いつも助けていただいてます、ありがとうございます。

    ★jimmy さん
    お返事遅くなりすみません。
    この時の友人二人、ほんとに優しく父を
    フォローしてくれて・・・
    今も感謝しています。
    私はこの時の父がほんとに心配だったんですねー
    鬱に陥り亡くなった母のところに行きたいと
    しきりに言うので毎日困ってたんです。
    そこででたこの策がうまくいったのでした。
    私、jimmyさんにお母さまがいらしていいなあって!
    ほんと思いますよー

    ★tarokichi さん
    お返事遅くなりすみません。
    特に高齢になるとほんとにさみしいって気持ちが
    強くなるんだと思います。
    誰にも必要とされてないとか思いはじめると
    亡くなった母のところに行きたいといいはじめて
    ほんとに困りました。
    この二人の友人のおかげで父は
    ほんとに元気になったんですよね。
    tarokichi さんにコメントいただいたら
    父はまた舞い上がってたでしょうねー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

写真も投稿してね!