大変だったこと、その2

「パピヨン鉄子物語 その16」
酔っ払いの父と鉄の脱走事件

———————————-
(当時の父の日記より)
吐血して命の危機があった鉄であったが

なんとか回復して元気になった。

そして調教の先生の指導もほとんど終わり、噛み癖はかなりおさまり

私の言うことも良く聞くようになっていた。

心配した脱毛も、少しずつ良くなり気がつくとふさふさの鉄に戻っていた。

313

314

316

そんなある日、鉄の散歩にバスの通る道を横切って畑の中の公園に行った。

車も殆ど通らない場所にある公園には誰も居ず、鉄は気持ち良く遊んでいた。

しかし、私がつい油断して手を緩めてリードを離してしまった。

鉄はしめた!と逃げ出したがブランコの柵にリードが

巻きついて自分で動けなくなったところで捕まった。

かなり私も冷や汗をかいて

この話を長女にしたらこっぴどく叱られた。

しかし、こんなことではすまないことが起きてしまうのである。

 

実は、私は酔っ払っていて、情けないことに何も覚えていないのだ。

317

「ほれほれ!ささみじゃー」 父

「わーいわーい」  鉄

(このお気楽な二人にとんでもないことが)

—————————————————————–
(ここから愛子です。)
 

これは今は、あんなことがあったねと話す過去のことなのですが
まったく冗談じゃない!って事件でした。
そして目撃者は私だけなのです。

2001年晩秋

父はその日、碁の仲間の飲み会があって出かけました。
父はもう昔から酒が過ぎて
たくさんの大変なことを起こしてきました。
お財布をなくし靴もはかないで
家に帰ってきたり。
2次会のスナックで知り合ったという
真っ白スーツのピアノ弾きさんを
深夜に家に連れ帰ったり。
朝起きたら、外国の人がいて
母が朝ごはん食べさせてたり・・・
(父は自分が連れてきたくせに
誰だろう?と朝言っていた)
寝台列車で酔っ払って20万くらい入った財布を
スリに盗まれたり・・・

とにかくお酒でいろんな失敗をしてきました。
飲みだすとべろべろに酔うまでやめられない大酒のみでした。

父が碁の仲間とお酒飲みに行くというので
鉄が一人で寂しいだろうと私は
父の家で鉄と遊んで留守番して待っておりました。
父には「飲みすぎないでよ」と釘を刺しておいたのですが・・・

かなり遅くなって
ひどく酔っ払った父を囲碁の友人3人がタクシーで
連れ帰ってきました。

私はその音で玄関の外に出て
酔っ払ってグダグダの父を抱きかかえていました。

その時、送ってきた一人の人が私の横を通って
玄関を勝手に開けて、
気を利かせて父を中に運ぶため
廊下の鉄が逃げないようにしているゲートを
外してしまったようなのです。

319
(鉄が家の中でフリーでいても逃げないように
2重にガードしていました、
板はダンボールで抑えて固定して人間はこの板をまたいで
次のゲートを開けて玄関に行っていました。)

 

そのとき、父を玄関の外で
抱きかかえている私の横を、白いものが飛び出していきました。

それはリードもつけてない鉄でした!!

\(◎o◎)/!

私は父をそこの地面に座らせて、鉄を追いかけました。

暗い中、すごい勢いで走る鉄。

 

とても興奮してしまって、つかまるもんじゃあありません。

そのうち、車が来て、私は両手を広げて車を止める始末。

 

呼ぶと、余計に喜んで逃げました。

家の前は車は少なく徐行していますが、一本先を曲がると大通り。

びゅんびゅん車が走っています。

そっちへ行ったらもう駄目でした。

自宅にいる主人に助けを呼ぶにも携帯は父の家の中だったし

取りに行ったら鉄を見失ってしまう。
 

車を何台も止めて、鉄を追いかける私。

運転手さんに何度も怒鳴られました。

汗だくでもう息も止まりそうでした。

 

f:id:sabu36:20091026204255j:image

 

地図の赤線の部分を全速力でぐるぐる回る鉄。

送ってくれた方は皆「犬は戻ってくるから!ほっといて」などと言って

「お父さんを早く家に入れてあげて」と大きい声で私を呼んでいます。

 

あの鉄が戻ってくるなんて!!!何言ってるの!

 

そしてトラックが向こうから1台やってきました。

「わーーもうだめだー」と思った瞬間、トラックは止まり

運転手さんが降りてきて、なんと一緒に鉄が大通りに出ないように

家のほうに追い立ててくれました。

 

そして鉄がまた家の前を全速力で走りぬけようとしたとき

門柱に寄りかかっていた父がドスンと音たてて
道路に転びまして、
酔っ払いですから横になってうだうだ言ってました。

 

そして、それを遠くから見た鉄が、父の顔をなめようと
すごいスピードで戻ってきたんです!

 

そこを、もう今しかない!これを逃したら
また向こうに走っていってしまう!と頑張って
父の顔をぺろぺろしてる鉄を
ひっつかまえたのでした。

この瞬間、私は気が抜けて涙がぼろぼろ出ました。

父の友人の酔っ払いのご老人たちは、そんな私をあきれてみてて
「ほらーワンちゃん、ほっといても帰ってきたよ」と言うのでした。

 

この間、止めた車は十台くらい、時間は20分くらいでしょうか。

ひどい話です。

心臓どきどきして、「てつーーてつーー」って叫びっぱなしだった。

サンダルは片一方脱げて
足は転んでいつの間にかジーパンの膝が破れて血が出ていました。

 

そしてお世話になったトラックの運転手さんは、いつの間にかいなくて

お礼もいえませんでした。

あの運転手さんいなかったらどうなっていたのでしょう・・・

その後、父のお友達には帰っていただきましたが

皆さん高齢で私のことを
「犬を追いかけてお父さんを大事にしない娘さん」みたいに
思われて
「おとうさんを大事にしなさいよ」って言われましたーー!!

とほほ・・・・な事件でした。

でも、一番悪いのは
あんなに酔っ払うまで飲んで何も覚えていない父でした。

私は父の酔いが醒めるまでいて
しっかり御灸をすえてやりました。

酔いの醒めた父は私の話を聞いて
びっくりして
目をまん丸にして。

「鉄に怪我はないか?」と聞いて
「お前の膝から血が出とるがどうした?」と聞き
また私を怒らせるのでした。

この日、私が父の家で待っていなければ
とんでもないことになっていたと思うと
今もぞっとします。
それから父が夜出かけるときは
鉄を私の家で預かったり
私がとまりに行くようにしたのでした。

(ここまで愛子)

——————————————————————-
(父の日記の最後にはこう書かれていました。)

この後、酔っ払いの私と、大脱走をしでかした鉄は並んで座って

長女の説教を延々と聞かされたのだった。

さぶろー

—–ランキング参加中。よろしくお願いします——-
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
カテゴリー: ★鉄子物語 パーマリンク

大変だったこと、その2 への22件のフィードバック

  1. ちゃーこ さん のコメント:

    血便の後はこんな大変な事もあったんですのね!
    もー読んでいて、過去のお話と分かっていてもハラハラドキドキしましたー(^-^;
    なんだか、愛子さんと鉄子ちゃんは出会うべくして出会ったんだなー。って思いました。
    さぶろーじぃたんがタジタジで説教されていて、愛子さんがカンカンに怒ってる様子が伝わってきました。私とチップも血便したり、外でリードが外れて走り出してしまったという似たような経験あるのでその時の心臓バクバク、パニック状態がすごく伝わってきました。さぶろーじぃたん、しっかり者の娘さんが居てくれて幸せでしたね(*^^*)
    きっと、色々な事があった後は益々鉄子ちゃんを愛おしくなっていったんでしょうね。

    鉄子ちゃん、やっぱりお母さんは自慢のお母さんだねー(*^^*)

  2. oyajisann さん のコメント:

    今晩はお酒を飲みながらブログ拝見してました。
    何だか情景が浮かぶようでハラハラドキドキ。
    拝見してそう感じるのだからその時は必死で
    鬼の形相(失礼)だったでしょうね。
    酔うまで飲むのは罪なような感じです(笑)

  3. けんけん さん のコメント:

    鉄子ちゃんの大脱走事件、ありましたね。じぃたんと鉄子ちゃん、お母さんにいっぱい心配かけちゃったね。
    じぃたんと鉄子ちゃんが並んで背中を丸めてしょぼぼーんと怒られてる姿を想像してしまいました。鉄子ちゃんに怪我がなくて何より。
    ダンプの運転手さんが助けてくれて良かったですね。

  4. ののこ さん のコメント:

    本当ーに大変でしたね!
    鉄ちゃんを追いかけるだけでも大変なのに、
    お父様のご友人の言葉の一つ一つが胸に刺さりますね。
    私も車道のそばで愛犬のハーネスが抜けてしまい、
    心臓が凍る思いをしたことがあります。
    もう二度とあんな思いはしたくないです(´Д` )

  5. まままま さん のコメント:

    ほんとに大変でしたね。
    じいさん連中はたかが犬って思ってるかもしれないけど、
    家からピュ~ッって出て行ったのを考えると
    私でも「もう二度と会えない!」「自動車にひかれる!」と思って生きた気がしませんよ。

    愛子さんのこの記事は1回目書いたのを記憶してます。
    あの時も手書き地図の写真があって
    鉄ちゃんがどう走りまわってたかがわかって「こわ~!」って思いましたもん。

    うちの父も大酒飲みで、私の小さい頃に父から聞いた話では
    酔っ払って電信柱にのぼってミ~ンミ~ンとないたり
    気がついたら道路の溝で寝てたりとか
    楽器が好きな仲間とチンドン屋のまねして夜中に道路を練り歩いたりとか
    まるで武勇伝のように自慢して話してくれました。
    母が横で「本人は楽しいかもしれんがどんだけ謝ってまわったことか。。」と怒ってましたがね。

    さぶろーさんも知らない人を連れて帰ってきて
    お母様も苦労なされたことでしょうね。

    吐血の話や脱走の話は今でこそ笑い話だけれど
    愛子さんなしではどうなってたか震える話ですねえ。

    昔のさぶろーさんの記事だったか、
    「あんたたちのことですよ!」とお世話係さんにいわれて
    さぶろーさんと鉄ちゃんが振り向いた写真がおもしろかったのを思い出しましたわ。

  6. jimmy jimmy さん のコメント:

    こんばんは✨ちょっと風邪気味で読みに逃げしてました(/o\)

    この話覚えてます!って言うか、状況が状況なだけに読みながら怖くて仕方なかった事を覚えてます。トラックの運転手さんの気転もあって鉄子ちゃんが無事だったとも言える悪夢のような出来事ですよね。じいたんをほったらかしたのも仕方ないです(笑)
    地図も懐かしい!よくぞ大通りに出ずにいてくれたと思いましたから。

  7. aki&mighty さん のコメント:

    読んでいた私も疲れ果ててしまいました。ご自分で「運動音痴」と何度も書いてらっしゃる愛子さんなので、20分追いかけ続けること自体も大変だったでしょう。膝からの出血も足がもつれて転んだりしたのではなかったですか?マイティーも2歳くらいの時に獣医さんに行ったときに外でキャリーから出してリードをつけようとした時に逃げました。呼べば呼ぶほど興奮して嬉しくってダーッと走り去ってしまい大通りへ。私は追いつかず、最初は恥ずかしくて声をあげませんでしたがついに大型車が走ってきたときに「誰か捕まえてください!」と声を張り上げてへなへなとその場で腰を抜かしたように座り込んでしまいました。車のそばにいた方が運転手さんに犬がいるという合図をして止めて下さり、マイティのそばにいてくださったのでなんとかそこまで又走り捕まえることが出来ました。涙でぐちゃぐちゃになりながらお礼を言いました。それ以来リードには気を付けています。…思い出したら興奮して一気に長く私事を書いてしまいごめんなさい。同じような経験をされた方は多いかもしれませんね。子供のころ飼っていたパピヨンも何度も脱走してました。パピヨンは好奇心旺盛だから危ないですね。

  8. ジャミラ ジャミラ さん のコメント: ジャミラさんについてもっと知る

    日付が変わりましたね。
    鉄子ちゃん、虹の橋で綺麗なドレス着てケーキ食べているのかな♪
    お誕生日おめでとう♡

    ふわふわちっちゃい鉄子ちゃんの、危機一髪事件ですね!
    ほんと、あいこさんもハラハラドキドキ連続のじいたんさんの子育てだったのですね…
    読んでてドキドキ・心臓に悪いですが、きっとダミアンが来たばかりの時は、
    私も無知な飼い主で、今思えば危なっかしいこと色々していたんだろうなと思います。
    それにしてもじいたんさんのお酒で失敗エピソードの数々!笑えますが、おばあちゃんは大変だったのでしょうね~

  9. yukarin11 さん のコメント:

    愛子さん
    おはようございます。
    ハラハラドキドキ ホッとして涙が・・。
    そんな状況ですよね。
    サブローさんと鉄ちゃんが並んでショボ~ンとしているのが
    想像できます。(笑)

    うちの母は飼い犬が逃げて目の前ではねられるのを目撃して
    悲鳴をあげたことがあります。が なんとうちのワンコは数メートル先の草むらに跳ね飛ばされたあと
    すっくと立ち上がり家の小屋へ一目散に逃げ帰ったそうで、母は小屋から引っ張り出し全身をチェックしたそうです。
    中型犬だったからこんな運のいいことあったのかもしれませんが、パピヨンなら致命的ですよね。
    今日の日記を読んであらためて気をつけようと思いましたよ~。

  10. ぐるりん さん のコメント:

    鉄子ちゃんの逃走劇
    愛子さんの青ざめた顔、サブローさんののんきな酔っ払い、鉄子ちゃんの人をおちょくった笑顔
    目に浮かんできました
    ミカンも2度ほど、脱走しました。
    一度は散歩の時息子がリードを離し、2度目はスキー場で雪に囲まれた空き地で
    リードを離してみたときでした
    どちらも泣きそうになりながら追いかけたんですが(ほぼ半狂乱・・・・)
    あのスルースキル、人間だったらなでしこJAPANはいれるよ!って思ってしまいました
    まあ、最終的にはどちらも家の前で待ってたんですが・・・・(家だいすきっこ)

  11. そんなことがあったんですね。

    じいちゃんと鉄子ちゃんが、並んでお説教(笑)
    今だから笑えますけど、大変でしたね。

  12. MARU さん のコメント:

    鉄子ちゃんの15回目のお誕生日ですね。
    読みながらドキドキしました。
    愛子さんが必死で走り続け車を止め、
    どんなに心配されたことだろうと考えるだけで怖いです。
    トラックの運転手さんが助けて下さって良かったですね。
    リッキーも一度門扉の隙間から脱走し私は必死で追いかけて、
    リッキーは遊びだと思い逃げ回りこのままだと引かれると思ったところ
    通りかかったおじいさんが一言お家に帰りよと声かけて下さり
    その人についてトコトコ戻って来て助かりました。
    愛子さんにとってトラックの運転手さんは、神様みたいに見えたことでしょう。
    本当良かったですね。

  13. ルカのママ さん のコメント:

    「鉄ちゃん脱走事件」は、前にもどこかで読んだ記憶があるのですが・・・
    わんこの逃亡は本当に恐怖ですよね。
    もう命がけで追いかけるしかないですよね。
    この話を読むと、毎回ハラハラしてしまいます。
    鉄ちゃんも愛子さんも無事で本当に良かったです。
    すべての飼い主さんに気を付けて欲しいと思ってしまいます。

  14. パピ+ヨン パピ+ヨン さん のコメント: パピ+ヨンさんについてもっと知る

    わぁ思い出した(^^♪ このあいこさん手書き地図っ!!
    何事もなくて本当に良かったよ~ハラハラしたね
    うちも小さい頃パピは庭の隙間から脱走した 追いかけると喜んで反対に走って焦った
    結局その時は、長男がいた時で挟み撃ちして捕まえたョ
    さぶろ-さんお酒にやられちゃうんですね ムフフ
    今頃は「すまんかったなぁ~」っておっしゃってみえますね

  15. パピ+ヨン パピ+ヨン さん のコメント: パピ+ヨンさんについてもっと知る

    あっ 
    鉄子ちゃん お誕生日 おめでとう(^^♪なんだよ
    カレンダ-3月にしたよ

  16. ままりん さん のコメント:

    こんにちは。

    大変だったんですね。
    親切なトッラクの運転手さんで本当に良かったです。

    最後のさぶろーさんのコメントに吹き出してしまいました。
    鉄子ちゃんが無事だったから良かったですけど、あいこさんの
    ご苦労を思うとちょっと???ですね。

  17. たっくん母 たっくん母 さん のコメント: たっくん母さんについてもっと知る

    これは大変!想像しただけでゾっとします。
    こういう事故のことは時々聞きます。
    鉄子ちゃん、無事でよかった。
    いいドライバーさんで本当によかった。

    たっくんも危なかったことが2回あります。
    本人は楽しくてしょうがないのでしょうが
    こっちは口から心臓が飛び出そうでした。

    さぶろーさんの最後のコメント
    あんまり反省してませんね^^

  18. かいまめ さん のコメント:

    愛子さんも鉄ちゃんも無事で本当によかった…。

    犬がいるのを知ってか知らずか、玄関のドアをばーんと開けたままで訪ねて来る人っていますよね。
    私の家でも、もちろんゲートは設置してるけど、たまに掃除や何度も出入りする場合など、
    はずしてる時があるので気を付けています。
    酔いがさめたさぶろーさんと戻った鉄ちゃんを前に、
    愛子さんのこみ上げてくる様々な感情が手に取るように分かりますよ(笑)。

    鉄子ちゃん、15回目のお誕生日おめでとう。

  19. 幸です さん のコメント:

    脱走は大変でしたね、愛子さん頑張ったね。

  20. ハリーママ ハリーママ さん のコメント:

    わあ、鉄ちゃん15歳の誕生日だったね〜!
    さあ、今年はどこでお祝いしてるかな??

    うちのハリーも義母に散歩に連れて行かれた時、脱走した事有って
    大変だったようです。
    幸い近くにワンコ好きな方が居て、捕獲して下さったそうです。
    義母、血の気が引いたっと言ってましたよ。
    子犬の頃は俊敏だから、中々捕まえられないんですよね。

  21. ラッキーママ さん のコメント:

    ヘタうまな地図が最強笑えます・・・ぷぷぷ

    大脱走・・・大変でしたね~っ

    でも、やっぱりさぶろーさんのところに戻ってきたってことで一件落着したのですね~

    ちび鉄ちゃん、爆走して楽しかった~?

    しかしさぶろーさんはとことん飲まれる方だったのですね~
    色々な武勇伝がありそうですね~

  22. ★愛子★ ★愛子★ さん のコメント:

    ★ちゃーこさん
    ほんとにー過去の話ですが
    思い出して私が行ってなかったら
    爺さんたちが勝ってに玄関開けて入って
    鉄子は脱走、帰ってこない・・・ってなってたと思うと
    ぞーっとしますよ。
    ほんとに、父がだらしなかったからですね。
    チップ君も大変だったんですねー
    何もなくてほんとによかったですね。
    私は父がダメな人だったので
    鉄子が心配で心配で・・・
    あのころから鉄子に対しては過保護だったかもですね。

    ★oyajisann さん
    そうです!
    確かにー鬼の形相だったでしょーねー
    怒ってる車の人に
    言い返したりした覚えがありますよー
    とんでもない私です。

    あはは、お酒はほどほどがいいですよー
    でもたまには飲みすぎもたのしいですよね。
    父はそれを通り越してましたからねー
    怒られたんですよ。

    ★けんけんさん
    ほんとにー
    運転手さんにお礼を言いたかったんですけど。
    もういなくて。
    父はほんとに反省してたけど
    この後も酒をやめることはできなくて。
    で、私はすっかり父を信用しなくなり(笑)
    鉄子のために頑張ってたと思います。

    ★ののこさん
    ほんとに大変だったですー
    今思い出しても
    ひやひやものでしたし。

    酔っぱらいのお年寄りたちは
    好き放題言ってましたー
    ああ・・ハーネスが抜けたってお話も
    聞いたことがあります。
    怖いですよね。
    気を付けていてもそういうことがありますよね。
    父の場合はもう、酒が好きで加減をできないってのが
    ほんとに困った人でした。

    ★ままままさん
    ままままさんのお父様も!すごかったんですねー
    でもちょっとかわいくて笑ってしまったけど。
    うちの母と同じにお母様、ご苦労されましたねー
    なんだか同じです。

    ほんとに、今では笑って話せるけど
    あのときわたしがいなかったらどうなってたかと思うと
    今でもぞっとしますよ。

    父はほんとにだらしなくってねー
    私もあのことは叱ってばかりでした。

    あーーーままままさんの書かれたやつ
    なんかそういう記事書いたけど
    どれだったかなあ・・・・
    確かにそれ書きましたね。
    ほんとに「あの二人」って感じだったです。

    ★jimmyさん、
    お風邪いかがですかー
    よくなっていますように。
    コメント、気にしないでくださいね。

    この話、一回書いたけど
    ほんとにねー怖かったですよ。
    今だって思い出すと胸が痛い!
    ほんとにー酔っぱらいのおじいさんたちが
    あの日はうらめしかったですよー
    今では笑ってしまうけど。

    ★aki&mighty さん
    あーーすみません!
    疲れ果てますよね。
    私も書いてて、疲労・・・(笑)

    確かに転んだんですよね。
    サンダルも一個脱げてて。
    翌日明るくなってから探しに行ったら
    道の横に落ちていました。

    マイティーちゃんもあったのですねー
    わわわー
    これは大変でしたね。
    鉄子の逃げ回った道は車がもともと少なくて
    徐行するところではあったのですが。
    それは怖かったですねー
    よかったーマイティーちゃん、無事で。
    みなさん、やはりこういうことがあるのですね。
    aki&mighty さん、書いてくださってありがとう。
    お疲れ様でした!

    ★ジャミラさん
    ほんとに父は酒での失敗は数知れず・・
    ここにかけないひどいこともあります。
    まあ、ここで父の名誉をこれ以上
    傷つけるのもねーと思って差しさわりのないことだけ
    書いておきましたがねー

    ほんとにいつもハラハラ。
    この当時が一番私に叱られた父でした。

    ★yukarin11 さん
    そ、それは!
    たいへんだったですねー
    しかし、運のいい丈夫なワンちゃんだったんですね。
    よかったー
    ほんとによかったですねー

    私もあの時はまだ1歳になってない鉄子だったので
    呼び戻しも聞かなくて。
    すごく怖かったです。
    父と鉄は私にすんごい叱られてしょんぼり。
    鉄もわからないのに
    父と並んで座って私の顔をじっと見てました。
    今も覚えてるんですよー

    ★ぐるりんさん
    ミカンちゃんも!
    みんなあるんですねー
    でも、無事でよかったですねー
    ほんとになでしこJAPAN入れる!!
    言えてますね。
    でも、ミカンちゃん、おうちに戻って偉かったですね。

    私もほとんど泣きながら半狂乱でしたねー
    あーー思い出しただけで
    背中がぶるってきます。

    ★アトムパパさん
    大変な事件でしたよ。
    今思い出してもぞっとします。
    父となぜかちゃんと横に座った鉄に
    説教してやりましたよ。

    ★MARUさん
    リッキーちゃんもありましたか!!
    みなさんあるのですねー
    ほんとに追いかける遊びだと思って
    飛び出して
    どんどん走って行ってしまって。
    大汗かきました。

    リッキーちゃんもよかったですね。
    私も運転手さんがいなかったもう駄目でしたね。

    ★ルカのママさん
    ほんとにですねー
    気を付けないといけないですよね。
    私もこのとき、父をすごい叱りました。
    ちゃんと考えてない父だった。
    ほんとにこのあたりから
    私も真剣に鉄子にかかわったと思います。
    しかし、無事でよかったって今も思います。

    ★パピ+ヨンさん
    ありがとーー
    3月の鉄子もすきなんだよ。

    あははー手書き地図、なつかしいでしょーー
    パピちゃんもあったのねー
    みんなあるんだ・・・
    私も主人を呼んではさみうちが一番いいと思った。
    でも、携帯が家の中だったんだー
    あれにはまいったね。

    ★ままりんさん
    ほんとに大変な思い出です。
    無事だったからよかったけど。

    父を叱ってたら
    なぜか鉄が寄ってきて
    ちょこんって父の横に座ってました。
    だからおかしかったのを覚えています。

    ★たっくん母さん
    そーそれですよ。
    口から心臓!まさにーー

    ほんとにこれは夢!!であってほしいと思いました。

    本人は自由になってうれしくて
    本能で走ってるんですけどね。
    父は反省してんだかどうだかって感じでしたね。
    で、その横に鉄が来てちょこんって
    お座りしてて、それがおかしかったです。
    思い出すなあ。

    ★かいまめさん
    鉄子15歳、ありがとうございます。
    さみしいですが祝ってあげられてよかったです。

    鉄も8歳くらいからは、聞き分けよくなって
    呼び戻しもできてましたが
    このときは1歳になってなかったので
    どうしようもなかったですねー
    ゲートを2個とも外しちゃった父の友人。
    ほんとにやってくださいましたよーって感じでした。

    無事に捕まえて鉄を家に入れた後、
    ゲートを直し
    父を家に運び入れて、。。。
    そのあと、むらむら怒りがこみあげましたね。

    ★幸さん。
    そうなのー、あの時の私はめっちゃ頑張ったと思います。
    ほんとによかったです。

    ★ハリーママさん
    ハリーちゃんもあったのですねー
    子犬の時はほんとに、呼び戻しができないから
    大変ですよ。
    ハリーちゃんもよかったですね。
    お義母さんも大変だったですね。
    私もあの時はほんとに
    声も枯れてけがもして
    ひどい目にあいました。

    ★ラッキーママさん
    あははははー
    ヘタうまな地図!!受けますねー
    って私が書いたんだった・・・
    よく見たら
    50mってのも下に書いてあるし・・・なにこれ?

    父の武勇伝というか
    ここにかけないことがいっぱいです。
    私も恥ずかしいし
    父の名誉のためにも、ま、内緒にしておこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

写真も投稿してね!