緑の季節の中、決意したこと。

鉄子のガン闘病記 7

「2015年 緑の中で」

4月終わりから
鉄子のためにお散歩重視の日を過ごすことになりました。
折りしも新緑の美しい季節で
その頃の写真フォルダーを開けると緑の中に可愛い野の花が咲き
その中に鉄子がいるという風景がいっぱい。
つい先日のような気がします。

鉄子はこの頃は食欲がなく
もうドッグフードなどとんでもないという状態で
先生から本当は鉄子のがんを増殖させる甘いもの、芋類、炭水化物は
避けたほうがいいんだけど・・・といわれていましたが
鉄子が食べれるものが、そちらに偏っていたので
やむを得ずもう何でも食べれるものは
刺激物以外あげるということにしていました。

この当時はどら焼きとかカツオブシとか、
豆とか芋とか・・・
ほんの少しずつですが食べていました。
でも食べてくれるものを当てるのに
1時間はかかっていて大変でした。

2015.04.23
349

車に乗ってお散歩に行くのが大好きになりました。

350

公園に着くまでキュンキュン鳴いて「早く!早く」って言ってた。

351

まだこの頃は靴下やハンカチを盗んでくわえて逃げてました。

前はこれはいたずらだったけどこの頃は元気の度合いを測るものでした。

 

2015.04.25

お散歩ドライブの途中で偶然行き着いたレンゲ畑。
357

この中で家族で遊びました。

353

鉄子も気持ちよさそうでした。

352

おとうさん!こっちきてーって言ってました。

356

354

358

355

思わぬ場所に見つけたレンゲ畑。幸せな日でした。

359

 

2015.04.26からの色々写真。

360

鉄子、放牧。

367

この頃、走れなくなっていたので

おとうさんに抱っこで走ってもらって。

362

鉄子、大喜び。

363

野の花の中から

お父さんを見てる鉄子。

365

ここで最初に水になれる練習しました。

366

 

2015.05.01
368

この頃から草をたくさん食べていました。

草を食べたほうがその後の食欲が増しました。

なので安全な草のある場所に良く行っていました。

369

毎日、楽しいお散歩に満ち足りて眠りについていました。

370

 

2015.05.04

ずっと走れなくなっていたのに

靴下で作った即席ボールを追いかけて走れた日。

374

371

373

372

375

私の大好きな写真。

おとうさんの膝の上に座って本を読んでもらってるみたいな鉄子。

379

2015.05.07

この日、夜になって鉄子は何度も吐きました。

食事も前日から少なくて心配していたのですが
吐いたものに血がたくさん混じっていて
それを何度も吐き。
少し肉片のようなものもあって動揺しました。

吐いた後はすっきりしたようで
夜はぐっすり寝ていました。
夜中に起きて「お腹すいた」と訴えてきましたが
翌朝病院で診てもらってからと思って
かわいそうだったけど何もあげませんでした。

翌日の朝一で病院に行きました。
胃潰瘍が悪化したとのことでした。

輸液と吐き気止め、止血剤、胃を保護する薬、痛み止め、抗生物質を
注射しました。

下の写真はその病院に行った日の夕方です。

注射で楽になったようで
散歩に行きたがる鉄子を家でじっとさせるのもかわいそうで
心配しながらも連れて行きました。

2015.05.08

376

377

心配したのですが
気持ちよさそうにすごして
お父さんに甘え、
ここでお豆とササミの湯がいたものを食べてくれました。

378

翌日.2015.05.09
病院に行く日でした。

鉄子の右顎は急にがくっと下がってきて
歯も口の中で大きくなったがんに押されて
曲がってお口の横に出てきました。
そこから出血が始まりました。
それを拭いて上げるのに触ってもいやがらないので
痛みは感じてないようでした。

4月に先生に今後どのようになるかと聞いたときの説明では
「今後はがんの進行と共に
顎の骨が溶けて外れてきて
物理的に食事ができなくなる、
また
のどのがんが大きくなって、
気道を塞ぎ窒息する、
どちらの症状もが平行して起こってくる、」
ということでした。

そのことを聞いた時点ですでに
鉄子の右顎はかなり変形して
お顔も引っ張られて
すこし細長い感じになってきていました。

(ブログの写真ははっきりわからないものを選んで使ったりしていましたが
今見ると、隠し通せてないのがわかります。
そのときはよい写真を選んだつもりだったけど。)

そして診察を受ける前日の夜・・・・
お顔が変形して食べることに苦労してる様子、
吐いたりしてぐったりと寝る鉄子を見て
顎が両方外れてしまい窒息してしまうというガンでの苦しみを
与えたくない、
延命して無理に命を延ばすことはやめよう、
もう食べれない日に輸液をするのはやめよう、と
主人が言いました。
鉄子の命をあきらめるのではなく
鉄子に苦痛をあたえたくないという気持ちからでした。

そしてこの日、先生に相談しました。
先生は
「この子と同じようなガンの症状で同じことを言われる飼い主さんは
います。
それは飼い主さんが我が子の為に決められたことが
その子のためには一番よいことだということです。

わかりました。
今後は輸液はしないで、この子の生命のなすがままに
任せましょう。
でも辛いことは感じないように苦しまないように
そのつど対応していきますから。
何かあったらすぐに電話ください。」
と言ってくださったのでした。

もう、鉄子が食べない日があっても
輸液をしに走ることはない、
鉄子が輸液をしないことで
生命力をなくしていっても
見守るしかないのだ、と覚悟しました。
でも、それは鉄子のため、
それだけははっきりとしたことなのだ。
私たちが鉄子の命の行方を決めてしまった。
もう後戻りしない、できないんだ。

主人と決意した日となりました。
最後まで後悔はしないと決めました。
鉄子のために、、、
それだけが真実として私たちの
決意の根底にあるものでした。

381

病院でその話をした帰り道、
図書館の公園に行きました。

鉄子は
ただ無邪気に
公園で遊ぶ子供たちをうれしそうに見てました。
そして、突然ダッシュして・・・
ボール遊びの親子連れのところに走っていって
仲間に一瞬入れてもらい
ボールを投げてもらいました。

この日からの鉄子の治療は
毎日の抗生物質、2週間ごとの抗生物質注射、
胃薬のみになりました。

そして鉄子はこの後、
顎の症状が進んでしまって
先生が言うようになっていきましたが
皆さんにブログでお見せしていたように元気になって行き
ご飯には苦労したけれど
最後の日まで毎日を楽しく過ごせたのでした。

あのまま食べれない日の輸液を続けていれば
鉄子の命の長さは伸びたと思いますが
ガンは進行し、とてつもない苦しみを与えてしまっていたと思います。

輸液をやめるのはほんとうは
鉄子の命を断ち切ることになると
苦しくてたまらなかった私ですが
今はしかたなかった、
あれでよかったと思っています。

鉄子、がんばってくれてありがとう。
ちゃんと鉄子のために闘病記を書いていくからね。
おかあさんを見守っていてね。

—–ランキング参加中。よろしくお願いします——-
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
カテゴリー: 鉄子のガン闘病記 パーマリンク

緑の季節の中、決意したこと。 への9件のフィードバック

  1. jimmy jimmy さん のコメント:

    こんばんは✨
    この頃は毎日爽やかな空気と緑の中で過ごす鉄子ちゃんに癒されてましたでもその裏側で、愛子さんとお父さんは大きな決断をされてたのですね。

  2. パックンのパパ さん のコメント:

    鉄子ちゃんへ

    レンゲ畑の鉄子ちゃんは何を思っているのかな?
    とても落ち着いたお顔にみえて、
    お父さんに抱っこしてもらいながら走っている
    鉄子ちゃんはとても楽しそう!
    温まる写真をありがとう!!

  3. yukarin11 さん のコメント:

    愛子さん
    おはようございます。

    おとうさんとおかあさんが鉄ちゃんのことを思って決断したことが
    鉄ちゃんにとってベストですよね。
    お散歩の写真の鉄ちゃんはどれもかわいく生き生きとしていますね。
    本当に楽しそう。

  4. りりこ さん のコメント:

    獣医さんの話から 鉄ちゃんのためにされた決断
    だったのですか。 公園で遊ぶ鉄ちゃんは笑顔で元気
    な様子でしたね。お父さんと遊ぶ時間がとても幸せな
    鉄ちゃんでしたね。

  5. 幸です さん のコメント:

    ブログではわからない葛藤があったのですね、無邪気に遊ぶ
    鉄ちゃんは、かわいかったですね、鉄ちゃんにあいたいな~

  6. もんち もんち さん のコメント: もんちさんについてもっと知る

    とてつもない苦しみを与えたくない気持ち
    よくわかります。
    決断も辛かったでしょう。

    でも鉄ちゃんは最後まで鉄ちゃんらしい
    生活を続けられたと思うのです。
    公園での鉄ちゃん、すべて可愛いです。

  7. パピ+ヨン パピ+ヨン さん のコメント: パピ+ヨンさんについてもっと知る

    れんげの花の中、おかあさんに抱っこしてもらったことも
    おとうさんと、ビュ-ンって走ったことも
    鉄子ちゃんの胸の中には、しっかり刻まれてますネ
    どのお写真にも鉄子ちゃん、ありがとうって伝えたいょ

  8. ままりん さん のコメント:

    こんばんは。

    色んな苦労や葛藤を乗り越えてこられたのですね。
    いつも緑がいっぱいの公園で楽しそうに過ごせて鉄子ちゃんも幸せだったと思います。
    どんなにお世話をして手をかけても後悔は残ります。
    鉄子ちゃんにとって最善のことをされたと思います。

  9. ラッキーママ さん のコメント:

    お外でのお写真はどれも綺麗で、本当に良い表情ですねぇ。
    お父さんに抱っこで走ってもらってとても嬉しそう・・・
    わが子に苦しい思いはさせたくない、親なら誰もがそう思いますものね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

写真も投稿してね!